本年度、PTA書記を務めております田原です。PTA役員を務めてよかったことは、先生方や学校の様子が以前よりよく分かるようになったことです。私は、両親とも教員、おじおばも半数が教員、祖父は二人とも小中学校の校長という教員家庭で育ちましたので、学校の先生ってこんな感じかなと勝手に分かっているつもりでした。しかし、子どもを持った親の立場で改めて先生方と接していると、思っていた以上に先生方の子どもに対する熱い思いとエネルギーを感じています。財政的に十分とは言えない状況に置かれている学校で、先生方の頑張りによって教育が保たれているのだと思います。残り3か月の任期となりましたが、PTA書記の仕事を通して少しでも子たちのために力になれればと思います。どうぞよろしくお願いいたします。