文化厚生委員長 藤田です。
今年度は震災による子どもたちのストレスなどが心配でしたが、少しずつ日常を取り戻し、
学校で元気いっぱいの子どもたちの姿を見ることができ、ほっとしています。


毎年春に行われていた芸術鑑賞会が震災の影響で体育館が使用できず、
今年度は冬の公演となりました。
前日には雪が降り寒い中でしたが、多くの保護者の方にご参加いただき
ありがとうございました。

今年度の芸術鑑賞会は音楽鑑賞会として、マリンバ、パーカッションとテノールの
コンサートが行われました。
演者が途中一緒に演奏する子どもを募った時、高学年には恥ずかしさが見られ
ましたが1~4年生はほぼ全員が手を挙げ、積極的に参加し、静かに演奏を聴く
ときにはきちんと聴き、全員でボディーパーカッションの演奏をしたときには
ふざける子もなく、みんな楽しんで演奏をしていました。
楽団の演奏も大変すばらしかったのですが、鑑賞する子どもたちの態度がとてもよく、
楽団の方から「本当にすばらしい子どもたちですね。」とお褒めの言葉をいただきました。
保護者の立場から見ても大変すばらしい姿でした。これも先生方の日ごろのご指導の
おかげだと思います。

来年度は春日小中学校が開校し、吾妻小も大きく変わるかもしれませんが、このような
子どもたちの姿をみて、もっともっとすばらしい学校を子どもたちが作り上げていって
くれるのではないかと確信しています。

最後になりますが、1年間文化厚生委員会の活動にご協力いただきありがとうございました。

平成24年2月27日
文化厚生委員長 藤田