9/26日(木)文化厚生委員会主催のスクールカウンセラーのセミナーに参加しました。
先生方はじめ20数名の保護者が図書室に集まりました。伊藤先生の講演が始まる前に参加者に温かい紅茶が配られてリラックスした雰囲気でお話を聞くことができました。
二分の一成人式の話に始まり、10歳の子供は精神的にも内面的にも発達する時期であり、親としての接し方や、親の意識変化も必要であること、子供は小さな哲学者であること、子供の世界も親から離れて友達や仲間の重みを感じて外に広がっていくこと、様々な有意義なお話を聞くことができました。
まずは子供を頭ごなしに叱らずに、子どもの話しを聞いて、子どもの気持ちに共感するところから実践してみたいと思いました。
「グッド・イナフ・マザー(完璧な親)ではなく、ほどほどの心のゆとりを持って育児をすることの大切さ」という先生の言葉にもっと肩の力を抜いて育児をして良いのだと安心することができました。
伊藤先生は月2回吾妻小学校に来校されるとのことです。
お子さんのメンタル面での発達のことで相談したい方、アドバイスを受けたいという方はぜひ利用されてみてはいかがでしょうか。


スクールカウンセラー.jpg