吾妻学園つくば市立吾妻小学校PTAホームページ

吾妻小学校PTA

校花 ハナミズキ
Azuma Elementary School Parent and Teacher Association

本部活動報告・予定

【ご報告】
先日お知らせしました、「第一回吾妻小学校井戸端会議」を2月7日(金)図書室にて行いました。参加者は10名と少なかったのですが、お互い初めての方もあり、保護者、教員、学校評議員、などそれぞれの立場を超えてのフリートークとなりました。主に話題となったのは「小中一貫(中高一貫)」「運動会などの行事のあり方」です。最初は「準備が大変」とか「活躍したい子もいるよね」といった『よく耳にする意見』を交わしていたのですが、次第に「子どもの意見って聞く場がないよね」「いや小学生に意見を言わせるのは無理では?」「いやいや聞かないからできないのでは?」といった『対話をしていくには』という話題となりました。急に今年から変えることはできないけれど、まずどうしたいか考えよう、という問いかけから始められるのではないか、という流れになりました。
きっかけは些細なことでもじっくり話していくことで対話を深めていける、そのことが学校のつながりを作っていくきっかけになることを確信しました。(文責:2019年度会長 浅野英公子)

吾妻小学校PTA会員の皆様、

こんにちは、PTA本部です。
日頃よりいろいろな活動にご参加いただきありがとうございます。

少人数のテーブルでワイワイやる井戸端会議を開きます。
詳しくは添付のチラシの画像をご覧ください。

日時:2020年2月7日(金)14:45~(授業参観、学年懇談会終了後)
会場:吾妻小学校(詳細は参加者に後日連絡します)
参加方法:メ-ルフォーム(チラシ右上のQRコード)または直接PTA役員までお知らせください。
当日参加もOKです。

0001


0002

『吾妻小学校PAT井戸端会議開催(2月7日)』の画像

12月9日、山中会長と副会長荻谷で、「2014年地域とともにある学校づくり推進フォーラム」国立オリンピック記念青少年総合センター@代々木に参加してまいりました。東京の会議出席はなかなかない機会です。文部科学省主催フォーラムで、全国から学校関係者が集まり会場はあっという間に満席になっていました。


「2014年地域とともにある学校づくり推進フォーラム」会場写真.jpg

文科省が導入している制度、コミュニティースクール(CS)のフォーラムで、聞きなれない言葉ですが概要は保護者や地域住民が学校運営に参画する「学校運営協議会制度」の導入により、地域の力を学校運営に生かす「地域とともにある学校づくり」を推進することを指す制度です。
小中一貫教育、総合学習、地域文化の継承、地域行事への参加、キャリア教育、土曜授業などの文言が並んでいました。どこかで聞いたような感じです。分科会では勉強になる話が多く、このような制度の下活動している学校もあるのだなと感心しました。PTA活動と似たような印象を受けました。茨城県では1校指定を受けて活動しています。


何度かPTA活動しておりますが、このような制度があることは知りませんでした。不勉強で申し訳ありません。半日程のフォーラムをまとめるには、勉強不足な所も多く、今回は参加した、話を聞いた所に意義があったと思います。

「2014年地域とともにある学校づくり推進フォーラム」ホルダー写真.jpg

フォーラムの冊子(25年度版、26年度版)を頂いてきました。大変な人気で確保苦労しました。しかも分厚い。流石文科省主催です。学校保管、先生方には一読頂きたいと思います。保護者の方でご興味ある方は本部までお問い合わせ下さい。


副会長 荻谷

『「2014年地域とともにある学校づくり推進フォーラム」』の画像

7月20日(日)中央公園で開催された吾妻まつり「手作りいかだ大会」に、今年も吾妻小学校PTA本部とおやじの会チームが参戦しました。昨年「たらい」で話題をさらった吾妻小PTA&おやじの会チームでしたが、今年はなんと風呂の浴槽に進化(?)しました。どこのご家庭にもあるようなユニットバスをふたつ繋いでこれをいかだにしました。 


テルマエ01_1.jpg

水の抵抗をすべて正面で受けて立つ潔いフォルムと、浴槽の内側にあるべき水を外側に想定する大胆な発想が評価され、めでたく「デザイン部門審査員特別賞」をいただくことが出来ました。
 恐るべし平たい顔族! 恐るべしテルマエあづま!
 

テルマエ02_1.jpg



『吾妻まつり いかだ大会に今年も参加しました。』の画像

8月21-23日、日本PTA全国研究大会長崎大会に参加しました。11の分科会より第4分科会広報活動に参加してまいりました。基調講演では、高田 明社長が誰かに何かを伝える為には「宣言する・行動する・情熱を傾ける」ことが大切であると話されました。

(PTA会長 山中)

PTA_nagasaki.png
『第62回日本PTA全国研究大会長崎大会参加』の画像

↑このページのトップヘ