吾妻学園つくば市立吾妻小学校PTAホームページ

吾妻小学校PTA

校花 ハナミズキ
Azuma Elementary School Parent and Teacher Association

広報委員会

2018年度広報委員長の鈴木です。
お配りしたばかりのPTA広報誌「あづま89号」をご覧になりましたでしょうか。運動会などの行事写真や先生方の紹介を掲載していますので、「○○先生ってどんな先生?」と思った時、辞典のようにして活用していただくこともできます。
広報誌は年2回発行で、次号は今年度末の予定です。卒業を迎える6年生の将来の夢や各学年の思い出の行事写真などを掲載する予定です。
広報の仕事は、主に写真撮影と編集があり、学校と連絡を取り合って進めていきます。今年度は、行事写真をできるだけ学校から提供していただき、広報委員は主に保護者参加の行事で撮影を行う方針です。また、レイアウトは前年度の広報誌を踏襲するなど、できるだけ委員の負担を軽減する活動を心がけています。それでも、4月の引継ぎ後から7月のあづま89号発行までは短時間でしたので、ハードスケジュールでした。
広報誌を通じて、学校と皆様をつなぐお手伝いが少しでもできましたら、広報委員一同、大変嬉しいです。

広報委員長 鈴木 美枝

今年度の広報委員長を務めさせていただきます大内です。
広報委員会では、年二回広報誌「あづま」を発行しています。広報誌の役割は、先生方の紹介、各種行事における児童の姿の紹介を通じて、保護者と吾妻小の間、保護者同士の間をつないでいくことだと考えています。先日の運動会をはじめ、今後も各種行事においての写真撮影、記事記載などに広報委員一同で頑張って取り組んでいきたいと思いますので、皆様のご理解、ご協力をいただければ幸いです。
一年間、どうぞよろしくお願いいたします。

 2016年度、広報委員長をさせていただいております。中尾緑と申します。
年間2回発行される広報誌「あづま」、今年度は85号で始まりました。広報委員というと、運動会で腕章をつけて写真を撮っている姿が印象的だと思います。写真撮影は、いろいろな行事で実施させていただいていますが、運動会の一日は本当に楽しく、充実した一日でした。
 広報誌というと、記事を書くことがメインのような印象もあると思いますが、こちらの広報委員では、写真撮影が主体となっています。記事を書くのは、夏号では先生方、春号では卒業生の子供たちがメインになっています。詳しい広報委員の仕事内容については、昨年度委員長の齋藤さんが詳しく書いてくださっているので、私は広報委員メインの仕事、写真撮影について書かせていただこうと思います。
 学校の大きな行事はもちろんですが、学年での活動もそれぞれあり、各学年の広報委員は学年だよりや先生からの情報をもとに計画を立て、写真撮影を実施しています。撮影を進めていく中で、学年だよりなどで行事の名前を目にしたことはあっても、実際どんなことをしているのか、見たことのない行事が実は多いことに気づきます。
 次号86号では、こどもたちの一年間を皆様に知っていただけるような素敵な写真をたくさん掲載できたらと思います。
 最後に、行事等で腕章をつけた広報委員が一番前に陣取って撮影する姿を見かけることもあるかと思いますが、今後とも、皆様のご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。
                              
                              広報委員長 中尾緑

 今年度、広報委員長をさせていただくことになりました齋藤英樹です。


 新年度の広報委員会は4月下旬に発足し、年2回(夏・来春)の広報誌「あづま」を発行するための活動を行っています。ここでは、広報委員会の活動を簡単に紹介したいと思います。

続きを読む

今年度、広報委員長をさせていただくことになりました、浅井悦子です。

この挨拶がホームページに掲載される頃には、広報誌「あづま」81号がみなさまのお手元に届いているかと思います。今回は知っているようで知らない吾妻小の秘密(?)「吾妻小トリビア」を特集記事として掲載しています。
いかがでしたでしょうか。

広報委員自身が知りたいこと、興味のあることへのアプローチを通し、保護者の皆さんが吾妻小により親しむことができるきっかけとなるような、誌面作りを行いたいと考えております。どうぞ、よろしくお願いいたします。

誌面の都合上掲載を見送った、とっておきの「トリビア」をご紹介し、広報委員長の挨拶を終えたいと思います。
 
○校庭の水はけ
吾妻小学校の校庭は雨上がりで非常に短い時間で使えるようになっていることをご存知ですか?
雨がやんで2時間もすると、ほとんどの水たまりは無くなっています。
これは、晴れているときはもちろんですが、梅雨時の曇天でも比較的短時間で水が引きます。
(すなわち、蒸発のみで水が無くなっているわけではありません。)

続きを読む

↑このページのトップヘ