1. HOME
  2. 各委員会 委員長挨拶

各委員会 委員長挨拶

家庭教育学級長挨拶


今年度、家庭教育学級長を務めています小野寺です。


初めに家庭教育学級の活動について、市の配布資料から抜粋してご紹介します。

『親が自ら学習したいことを企画し活動する場・・・それが家庭教育学級です。これから一緒に子育てのあり方を学びあい、時には息抜きをしながら、生涯にわたる仲間作りをしましょう。』
とあります。


この活動は、市内では乳幼児学級と公立幼稚園・小中学校を拠点に開催されています。
吾妻小学校は転入が多い学校ですので、学校や地域に新しく馴染むきっかけにも、家庭教育学級の活動は貴重なものではないでしょうか。


今年度は「心にゆとりを」をテーマに、5回の講座を開催いたしました。


毎年恒例の給食試食会では、副校長先生にもご参加いただきまして、子供と同じメニューを食べながら、楽しい時間を過ごすことができました。
バス移動学習では、ゆかりの森で蕎麦打ち・筑波ハム見学と、意外と知られていないつくばの『食』について学ぶことができました。


早いもので1年間の任期も残すところ1ヶ月。他の委員会とは任期が異なりますので、1月中旬には来年度への引継ぎを行います。参加者があってこそ成り立つ活動です。今年度もお忙しい中講座にご参加いただいた先生方・保護者の皆様、不慣れで行き届かなかったところもあったかと思いますが、ご協力いただき無事終えることができます。
1年間ありがとうございました。
来年度も多くの方の参加をお待ちしております。


平成24年度 家庭教育学級長
小野寺良子

給食試食会.JPG
給食試食会風景


蕎麦打ち.jpg
そば打ちされる副校長先生


特別支援委員長挨拶

 特別支援委員会は、特別支援学級に在籍・通級している児童の保護者で作っている保護者会の活動が、数年前にPTAの特別委員会の一つとして認められたものです。
 吾妻小には、現在3つの支援学級があり、きりん(情緒、主に発達に関する障害)、ひまわり(知的)、うさぎ(言語)と分かれ、15名の児童が勉強しています。保護者達が保護者会を作り活動している点は、吾妻小ならではと言えるでしょう。
 活動としては、先生も交えて話し合いの場を持ったり、支援学級で育てたさつまいもを使った親子での調理実習をしたり、また、二年に一度専門の先生を招いての勉強会等を行っています。


特別支援委員会委員長 鈴木 智子


 今年度のホームページ委員長を務めます澤畠です。
 これまで,他の委員会の方々には,このホームページに掲載するための原稿執筆をお願いしていたわけですが,とうとう我がホームページ委員会でも書くことになってしまいました。


 さて,今年度発足のこの委員会ですが,果たしてPTA会員の方々に認知されているのでしょうか?実は,わたくし,数年前からこのホームページ委員会が存在していると思っていました。ですから,昨年度の各種委員の募集要項を見た時に驚いたことを思い出しました。そして,「在宅で活動できる!」ことが魅力のホームページ委員会に立候補し,本日ここに記事を書いている次第でございます。


 ここからはホームページ委員会の活動内容等を紹介していきたいと思います。


 ホームページ委員会☆第一期ということで,活動内容も詳細に分からないまま手さぐりでスタートし,気が付けば半年が経っていました。当初は技術的にホームページを更新することすらままならず(←Firefoxというソフトをダウンロードしなければ更新できないのです),前年度本部役員の方の親身なご指導のお蔭で,漸く更新作業にも慣れて来ました。この場を借りてお礼申し上げます。


 ホームページ委員会では,本部からの発信情報を掲載する他,各専門委員会,特別委員会での行事等の記事をホームページで掲載しています。また,本部役員の方々,各委員会委員長の方々にもご挨拶文をご依頼し,PTA会員の皆様にPTAの活動を身近に感じていただける場を作るよう努力しております。


 記事作成に当たっては,日々多くの方々のご協力を得て,原稿や画像をご提供いただいておりますが,皆様ご多忙にも関わらず快く対応して下さり,大変感謝しております。この様に,委員会の枠を超えてのパーソナルなやり取りが出来ることも,当委員会の魅力のひとつだと思います。


 また,ホームページ更新作業は,インターネットさえ繋がれば,夜間でも休日でも,自分の都合に合わせて作業が進められるというメリットも感じています。だって,私がホームページ委員に立候補した大きな要因が,これですから(笑)。
 そうは言っても,ネットの中だけでの繋がりでは,関係が希薄になってしまいます。年5回程開催される運営委員会には必ず出席し,本部役員の方,各種委員会の皆様とお近づきになれたらいいな,と思っています。


 最後になりましたが,ホームページに記事を掲載するためには,PTAホームページ運用指針の基準を満たしていること役員会の承認が必要になります。これを逆にとれば,基準と承認さえあれば,いろいろな記事が掲載できる,ということです。
 ホームページ委員会では随時記事を募集しておりますので,「ホームページにこの記事を載せたい」と思っている本部役員の方,各種委員会の方,どうぞご遠慮なく,ホームページ委員会までご一報ください。お待ちしております!!


地区委員委員長になりました7ブロックの鯉田です。今年度地区委員は、13ある地区ブロックから、1名もしくは2名の代表が選ばれ、現在15人のメンバーにて活動しております。
主に、通学時における児童の安全確保や地区間の連絡・調整役、学期はじめの交通安全指導、夏休みのラジオ体操の実施などを担当しております。活動時期は、他の委員会とは異なり、2月中旬から約1年。引き継いだ後も 前年度の方々に見守られ、共に協力しあいながら活動していく中で本格的な引き継ぎが成されていく委員会です。
特に地区委員は、児童とのつながり、ブロック地区とのつながり、先生方とのつながりも多く、コミュニケーションをとる機会がとても多い委員会だと思います。実際に委員会に携わって委員長という立場に立ち、分かった事、気付いた事もいっぱいありました。あらゆる場面でつねに子供たちのことを考え一生懸命走りまわる先生方の姿。より良い学校生活のためにいろいろなアイディアを絞り出し委員会をまとめて下さる本部の皆様。
そして 交通安全指導やラジオ体操に協力して下さる保護者の皆様。私達の委員会は、これらの多くの人々に支えられてはじめて成り立つ委員会なのだということ。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。どうもありがとうございます。
是非 みなさんも機会がありましたら地区委員を経験なさってすてきな出会いをして下さい。そして、これからも、どうぞよろしくお願い致します。


ラジオ体操1.jpg


ラジオ体操2.jpg

地域交流委員長挨拶「第32回吾妻まつり」

 日頃より地域交流活動にご協力いただき誠にありがとうございます。
 今年は東日本大震災の影響の残る中、さらに竜巻などの被害を受けた地域もありましたが、「第32回吾妻まつり」も、PTA会員の皆様をはじめ、先生方やボランティアの方々のご協力により、無事に開催することができました。毎年多くの方のご来場をいただいておりますが、今年は例年より多かったという声も聴きました。(facebook、北条小の子供たちの招待、おばけのチケット発券システムの改良など、各WGの作業改善が発揮されたと思います。)
 子供たちから「楽しかった」、「また来年もまつりやってね」というのを聞き、とても嬉しく思いました。子供達みなが大手を振って楽しんでいる姿を見て、いつまでも子供達の笑顔がたくさん見られるよう、地域交流委員一同、今後も小学校と連携して、地域交流活動を盛り上げていきたいと思いますので、ご協力の程よろしくお願いいたします。


平成24年8月12日
 地域交流委員会委員長 加藤淳子


いかだ.jpg


おたのしみくじ.jpg


おばけの森.jpg

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10