1. HOME
  2. PTAホームページ運用指針

PTAホームページ運用指針

PTAホームページ運用指針

ホームページの目的

1) 役員会および各種委員会のPTA活動に関する保護者への連絡、規定、細則等の周知に利用することを第一の目的とする。

2) 保護者からの意見等の収集の場として活用する。

3) 役員会、各委員会からの広報の場として活用する。

 

ホームページの管理、運営

1) 運営管理

統括的管理および運営の担当は、ホームページ委員会(以下HP委員会)とする。

ホームページのデザイン提案および基本部分の作成・更新作業、サーバーの管理については、外部業者に委託することができることとする。

委託業者の決定はHP委員会および役員会により行う。業者選定の判断は、年間運用費 とホームページ更新作業の方法等を勘案して行う。

PTA会長は委託業者と守秘契約を結ぶ。

2) 定期更新

月2回の定期的更新を原則として実施する。

更新を希望する者(各委員会委員長等)は原稿を電子ファイルで役員会に随時提出する。

役員会は提出されたファイルの内容を審査し、承認したものをHP委員会に提出する。

なお、役員会がホームページの更新を希望するときは役員会自らが審査を行う。

HP委員会は定期更新日に審査済みの原稿をホームページに掲載する。

3) 緊急更新

緊急性の高いものについては、定期的更新を待たず掲載することができる。

掲載手順は定期的更新と同じとする。

特例として、学校からの不審者情報は役員会を経由せず掲載できる。

 

安全性の確保

1)   HP委員会および役員会は安全性確保のための可能なかぎりの方策を講じること。

2)   ホームページを編集するためにはIDおよびパスワード入力を要求する設定とする。

3)   定期更新、緊急更新によって掲載されたものに対し、役員会および各種委員会委員長は掲載の取り消しを申し出ることができる。一人でも取り消し要求がでた場合、HP委員会は迅速に掲載を停止し、役員会および各種委員会委員長は掲載の可否について審議する。審議はPTA会長が実施し、基本的に電子メールで行うこととする。また、本審議を運営委員会で実施することも可能とする。

 

掲載の基準

1)   個人情報が含まれるもの、悪用される可能性があるものは掲載しない。

2)   以下に該当するものは掲載できない。

児童及びPTA会員個人が特定できるような写真や記述が含まれているもの。

(PTA会員については本人の了解が得られていれば掲載してもよい)

個人あるいは団体を誹謗中傷する内容が含まれているもの。

PTAの趣旨にそぐわないもの。

明らかに事実に反する等、掲載が不適と判断されるもの。

 

運用指針の改定

この運用指針の改正は、運営委員会の議を経て行う。

 

附則

平成2393日より施行する。

平成231126日 一部改正

 

24年度PTA総会までは「HP委員会」を「PTA本部」と読み替える。