1. HOME
  2. 役員挨拶

役員挨拶

2017年度 会計挨拶

 会計の日置です。今年度の本部会計は、私と田中津賀子さんとで切り盛りしましたが、会計を代表しまして私からご挨拶申し上げます。
 この挨拶文を書いているのは2018年3月11日。東日本大震災から7年が経過しました。暖かい日と寒い日の繰り返しに年齢のせいか身体がついていかず体調を崩すこともありますが、季節は確実に春に近づいていることを実感します。三寒四温とはよく言ったものです。
 最近の会計の仕事は新入生や卒業生、離任される先生方への記念品の購入、会計監査の準備、本年度決算と予算案の作成です。この後のPTAの大きなイベントとしては、委員引継ぎ会、委員全体会議、総会があります。総会の準備で大変ことの一つは資料作成です。一部あたり数ページの資料を何百部も手作業で作成しています。資料を一枚一枚拾っては最後にホッチキス止め、の繰り返し。まるで資料作成用ロボットになったように錯覚します。
 昨年は本部役員候補として総会資料作成に参加しましたが、早いものであれから一年が経過しようとしており、我々の会計としての一年もそろそろ終了となります。

2017年度 書記挨拶

書記の宮田、山田です。書記の主な仕事の一つは、運営委員会での議論を基に「運営委員会だより」を作成することです。「運営委員会だより」は、PTAの活動報告だけではなく、今小学校においてどういう問題があり、どう改善しようとしているのか等を保護者の皆様にお知らせする大事な手段です。そのため、正確さと分かりやすさに特に注意して作成して参りました。ところで、そもそも「運営委員会だより」はご覧頂いておりますでしょうか?今年度当初はPTAホームページのアドレスのみをお知らせしておりましたが、より多くの方にご覧頂くために、9月からは「運営委員会だより」のダイジェスト+αの情報を1ページにまとめた「PTA本部からのお知らせ」を作成し配布しております。小学校やそれを取り巻く環境は刻々と変化していきますので、是非ご一読戴き気になることがあればお知らせ下さい。

本部役員のお務めも残すところ3ヶ月をきりました。これまでの活動を通じて小学校のこと、先生方のこと、PTAのことをよりよく知ることができ、大変有意義な経験をさせて頂きました。これまで様々な場面でサポートしていただいた保護者の皆様、先生方、他の本部役員の方々にこの場を借りて御礼申し上げます。引き続き、PTA活動へのご協力とご理解を宜しくお願い致します。

宮田 征門
山田 憲和

2017年度 副会長挨拶

皆さん こんにちは。2017年度の副会長の内田です。私は2年前にも副会長をさせて頂きました。

そこで、前回の経験も踏まえて、1つPTAの役員を引き受けて良かったことを紹介したいと思います。

私は2年前に副会長を引き受ける前は、正直子ども担任の先生くらいしか、小学校の先生を知りませんでした。離任される先生の名前を聞いてもぴんときませんでした。しかし、副会長を引き受けたことをきっかけに、学校の先生方とも話す機会が増え、知り合えるようになりました。その結果、子どもとの会話も膨らんだように思います。子どもが学校のことを報告してくれたときにも、いろいろと想像できて楽しいです。もちろん。PTAの役員でなくても、先生方と話をすれば良いのですが。

ただ、きっかけにはなるとは思います。


それでは、残りの期間よろしくお願いいたします。


2017年度副会長 内田太郎

2017年度 会長挨拶

4月の引き継ぎから早2ヶ月ほどが経ちました。
この間に、第1回運営委員会、運動会という大きな山場を超え、ようやく会長の仕事に慣れてきた今日この頃であります。

本部に入り、広い目で委員会の皆さんの仕事を見渡すと、あらためて皆さんの働きのありがたさがよく分かりました。委員会の困りごとを解決し、皆さんが仕事をしやすくできるようなお手伝いを、本部として行っていきたいと考えています。

PTA活動は、学校と保護者が連携し、保護者が協力して、子どもの教育に参加していくものだと思います。
勉強だけでなく、人間性、社会性、協調性など、大人になるために必要なことすべてを、子どもにしっかり伝えていけるよう、親として成長していく場を皆さんと一緒に作って行けたら最高だと思います。

この一年間、皆さんのお役に立てるよう、がんばっていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

PTA会長 関口

2016年度 会計挨拶

 本部会計の伊藤、中島です。全員が女性という、おそらく吾妻小学校PTA始まって以来と思われる本部メンバーの一員として、楽しく和やかに1年間過ごすことができました。

 会計の仕事は、PTA会費を管理し予算どおりに執行していくことのほか、PTA室や印刷機の管理、その予約システムの管理、物品の購入など様々です。

 間違いがないようにと責任をいつも感じながら、気の抜けない日々でしたが、何とか無事に役割を終えることができそうで、ホッとしています。

 会計の良いところは、お金というものを通じて学校全体の動きを把握できたり、会費がいかに学校の運営に欠かせないものとなっているかを実感できる事ではないかと思います。

 役員選考時には敬遠されがちな役職ですが、やってみれば必ずやって良かったと思っていただけるはずですので、積極的に手を挙げて下さると嬉しく思います。

 皆さまには1年間色々とご協力をいただき、誠にありがとうございました。

                              本部・会計 伊藤、中島

1  2  3  4  5  6