1. HOME
  2. 本部からのお知らせ

本部からのお知らせ

大きなプラネタリウムを背に立命館大学 久保先生とエキスポセンター菊川学芸員のお二人のガイドをもとにセンター内の施設を回りながら科学と天文にまつわる漢字「星」「望」「電」「光」の成り立ちを教えていただきました。
吾妻小学校での漢字の成り立ちの授業に始まり、「算数の中の漢字の秘密」、 「土浦市立博物館」、「エキスポセンター」と回を重ねてきた漢字探検隊の全ての講座が終了しました。
毎回、京都よりお越し下さり貴重なお話しをして下さった久保先生ありがとうございました。
漢字の勉強は、子ども達が苦手な側面がありますが、親子で「この漢字の成り立ちは何だったかな?」と会話をする良いきっかけになったのではないかと思います。


漢字探検隊(エキスポ)1.jpg

『星』の成り立ちについてお話される久保先生



漢字探検隊(エキスポ)2.jpg
ガリレオの望遠鏡のお話もありました



漢字探検隊(エキスポ)3.jpgのサムネール画像
プラズマボールの中の電気の『電』

芸術鑑賞会

平成26年1月30日(木) ノバホールにて「つくばAZUMA学園芸術鑑賞教室」が開催されました。小中一貫教育の推進を図るため、1年生~8年生(中2)を対象にした鑑賞会となりました。

 「あまちゃんスペシャルビックバンド」メンバーとしても活躍されておられる、サクソフォン演奏者の東涼太様、ヨーロレジョン国際ピアノコンクール1位など、国内外のコンクールで入賞されているピアノ奏者の鈴村真貴子様をお招きし、運動会でよく聞かれる「剣の舞」や、合唱曲でも歌われる「花は咲く」、「あまちゃん」テーマソングなど、子どもたちもよく知っている曲を、サクソフォンとピアノのすばらしいハーモニーで演奏していただきました。音楽プレイヤーではなく生の楽器の音を、耳でも肌でも感じた子どもたちは、リズムをとったり、口ずさみながら、おもいおもいに楽しんでいました。


芸術鑑賞会.jpg

おやじの会でもちつき大会を実施しました。

 1月11日(土)に吾妻小おやじの会&風の子クラブ(吾妻西児童館児童クラブ父母会)合同主催の「新年会」を実施しました。
 今回は、初めての合同開催ということもあり、総勢220名強(父兄および未就学児童含む)といった非常に多くの参加をいただきました。
特に低学年の児童は餅つきが初めての子が多く、餅つきが楽しかったのか、何度も並んで、非力ながら一生懸命、餅をついていました。
 皆さん、つきたてのお餅を、お雑煮、からみ餅(きなこ、黒ごま等)として食べました。30kg用意した餅米はあっさりと無くなり、来年はもう少し多めに仕入れる必要がありそうです。また、ボランティアで準備をお手伝いいただいた方には大変感謝しております。
 参加人数を考慮すると、もう少し多くのボランティアを募る必要があると主催側としては感じていますので、是非来年はボランティアも含め、参加者のご父兄に当たっては、ご協力よろしくお願いします。


もちつき1.jpg

もちつき2.jpg

もちつき3.jpg

AZUMA 漢字探検隊(第3回)」のお知らせ

子ども達が自分の興味関心のあることをしっかり主体的に学習することを支援する活動として企画している「漢字学習講座」の第3回講座を実施することとなりました。
本件につきまして、別添の通りご案内を配布しておりますので、是非皆さん、ご参加下さい。


漢字探検隊0128.pdf

1/18(土)土浦博物館にて行われたAZUMA漢字探検隊「~城下町土浦の生活と漢字~」に 参加してきました。
立命館大学の久保先生と土浦博物館学芸員の木塚先生の解説のもと機織りや刀、高瀬舟、櫓門などの貴重な展示品、文化財を見せていただきながら亀城(土浦城)にまつわる漢字(経、舟、刀、亀、門など)を教えていただきました。
昔の人々の生活や知恵に思いをはせながら漢字の 成り立ちを知ることができました!
子ども達にも城下町土浦を知る良いきっかけになったのではないでしょうか。
東櫓から見た土浦の街並みは学園都市つくばとはまた違った味わいのある雰囲気でした。
久保先生、木塚先生、貴重なお話をありがとうございました!

次回は2/22(土)エキスポセンターでの漢字探検隊「~漢字の中の科学と天文~」です。 沢山の方の参加をお待ちしています。


漢字探検隊0118_01.jpg

漢字探検隊0118_02.jpg

漢字探検隊0118_03.jpg

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10